僕の事を知ってもらうために

こんにちは。岐阜県大垣市に在住、管理栄養士の安藤祐です。タイトルの通り、僕の事をもっと知ってほしくて、いろいろ書きます。少しでも興味を持っていただければ幸いです。

管理栄養士としての歩み

2009年に管理栄養士を取得して管理栄養士の道を進み始めます。自分の信念として、人にしっかり寄り添えるようにと常日頃から考えていた為、大きな病院ではなく、老健に勤務。利用者様との距離も近く、すぐに会いに行ける距離なのがとても魅力です。数々の栄養指導や集団指導、老健入所者様・そのご家族様との関わりの中で、病気になる前からの予防栄養の必要性を実感しました。現在、老健に勤務しながらも、地域の方や高齢者の方に対して、気軽に会いに行って様子を見たり、ご飯の手伝いをしたり、栄養の相談に乗ったりと、何か自分にしかできないことは無いかと、日々頭を悩ませております。

のんびり栄養管理

自分は予防栄養に興味があるのです。と言っても、自分で勝手に予防栄養という名前を使っているだけです。本心は、「病気にならないように気を付けたい、でも厳しいことはやれるか不安なの。」そんな人に対して、のんびりと長く続けることができるような栄養管理の方法だったりをお伝えできないかなぁと。


地域密着・高齢者に対するアプローチ

これもとっても興味があります。自分が割と田舎の方で暮らしていたこともあり、老々介護や独居の方を多く見てきました。話を聞くと、ほとんど食べることができていない。なのにそのまま時間が過ぎている。また、老健でも、在宅に復帰する時にご家族様から、「どんな食事を食べさせていいかわからない」というご相談をこっそりと受けることがあります。食事は毎日の事でとても大切なのに、’みんながやっていること’だからなのか、何故か大きな声で相談しにくいのです。そんな時にさっと手を差し伸べてあげられる存在になれないかと日々悩んでいます。


悩み事ばかりの自己紹介になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。